Gautier Deblonde: Atelier

Added on by Yusuke Nakajima.

ゴー ティエは、アメリカ、ヨーロッパ、そしてアジアにおける芸術家のスタジオをこれまで八年間撮影してきました。彼は、スタジオそのものを対象視しており、芸術家本人が存在しなくても、創造が形作られている足跡を追うことができるその空間を撮影しています。未完成の彫刻で埋められた空間や絵の具の筆が散らばった床、また、興味深い材料が並ぶ棚など、ドキュメンタリー写真として、彼の写真はディテールが豊富に写されています。これらの空間に芸術家は一切写っていませんが、彼らの存在がどことなく感じられ、どの道具にも魔法が潜み、手に取ってもらうのを待っているかのようです。アトリエに一人取り残され、時間が止まったような錯覚を得ます。「Atelier」では、創造の場の背景にあるものを垣間見ることができ、70ものスタジオがパノラマで撮られ、中にはGeorge BaselitzやAi Weiweiのプライベートな空間も入っています。念入りに撮られた本作は、見る者にスタジオという空間を学ぶ機会を与え、そしてその空間が生き返る様子を想像させてくれます。


STEIDL 2014年5月発行 ハードカバー 39.3 x 32.4 x 3 cm 176ページ

Gautier Deblonde: Atelier

Gautier Deblonde has photographed artists’ studios in America, Europe, and Asia for the past eight years. He is particularly drawn to the studio as a subject, capturing the work in progress with all the traces of creation, but without the artists themselves. As documentary photographs, the images are rich in detail—full of sculptures half finished, brushes scattered on the floor, and shelves of inspirational material. Though the artists are conspicuously absent, there’s a lingering sense of their presence, as if magic lies in every tool, waiting to be brought to life. Left alone in the space, it feels as if time stops.
Atelier provides a privileged glimpse behind the scenes to the source of artistic creation. Seventy studios have been captured in panorama, including the private spaces of Georg Baselitz, Wim Delvoye, and Ai Weiwei among others. Photographed methodically, the compositions appear together as a meditative study on the studio, leaving the viewer to interpret the artist’s intention and imagine the space come to life.