Filtering by Tag: Saul Leiter

【2018/5/23更新】Saul Leiter / Early Color

Added on by Yusuke Nakajima.

2017年にBunkamura ザ・ミュージアム(東京・渋谷)、2018年には伊丹市立美術館(兵庫)で、日本では初となる大規模な回顧展が開催された、ニューヨークを拠点に活動した写真家のSaul Leiter(ソール・ライター)。

2006年初版の伝説的な写真集[Early Color]、待望の第8版が再版されました。

本書は、ライターのキャリアにおいて初期にあたる1950年代に撮影されたカラー写真の作品群が初めて出版物として世に送り出されたという点においても、意義深い一冊です。
1953年、Museum of Modern Art(ニューヨーク近代美術館、MoMA)で写真部門のディレクターを務めていたEdward Steichen(エドワード・スタイケン)が、ライターのカラー作品のうちいくつかを展示にまつわる企画展示をしていたものの、その後彼の作品が広く知れ渡ることはありませんでした。 ライターは1946年に画家を志してニューヨークへと拠点を移しましたが、美術家のRichard Pousette-Dart(リチャード・パウセット・ダート)と深く関わるにつれて、まもなく写真の創造的な可能性を認めるようになります。彼はその後も絵を描き続け、Philip Guston(フィリップ・ガストン)やWillem de Kooning(ウィレム・デ・クーニング)らと展覧会をするに至るも、カメラはこのニューヨークという大都会での日常を記録するために常に存在する手段であり続けました。

同時代の作家とは比べることが出来ない彼の独特な作品は、叙情的で説得力のある色彩によって、捉えどころがなく、往々にして抽象的なコンポジションが印象的です。

Saul Leiter / Early Color
Steidl
176 pages
Hardback / Clothbound
200 x 200 mm
English
ISBN: 978-3-86521-139-2
初版 2006年 / 第8版 2018年
6,600円+税

Saul Leiter: Early Black and White

Added on by Yusuke Nakajima.

ソール・ライターの独特な白黒写真は、1940、50年代におけるニューヨークのダイナミックなストリートライフに対する深い理解を基盤としています。フォトドキュメンタリーの技術を活用する側面がありながらも、彼の写真は自身が出会った人や場所に形作られています。カメラを持った魔術的な現実主義者のように、彼はニューヨークの持つ奇妙さと痛烈な人間の経験を吸収しました。
同じく
Steidlから出版された初期のカラー写真と同様に、本作の白黒作品は彼の初期作品の素晴らしい変化を見ることができます。

STEIDL 2014年6月発行 ハードカバー、スリップケース付き 2冊組 21.4 x 21 x 5.2 cm 201図版(2冊合計)

 

Saul Leiter: Early Black and White

 The distinctive iconography of Saul Leiter’s early black and white photographs stems from his profound response to the dynamic street life of New York City in the late 1940s and 50s. While this technique borrowed aspects of the photodocumentary, Leiter’s imagery was more shaped by his highly individual reactions to the people and places he encountered. Like a Magic Realist with a camera, Leiter absorbed the mystery of the city and poignant human experiences. Together with Early Color, also published by Steidl, Early Black and White shows the impressive range of Leiter’s early photography.