Wim Crouwel modernist

Added on by Yusuke Nakajima.

これまでにMevis & van Deursen(メーフィス&ファン・ドゥールセン)、Irma Boom(イルマ・ボーム)、Experimental Jetset(エクスペリメンタル・ジェットセット)といったオランダのグラフィックデザイナーたちの仕事を、彼らがデザインを手がけた本を紹介してきました。
今回は彼らよりも一世代前にあたる、Wim Crouwel(ウィム・クロウェル、1928年オランダ・グローニンゲン生まれ)の仕事に着目してみます。

クロウェルは母国オランダではもちろん、欧米のグラフィックデザイン界において最も重要な人物とみなされています。
郵便切手のデザインや銀行のロゴなど、主にグラフィックデザイナーとして知られていますが、実は彼のキャリアのスタート地点は空間デザインでした。1952年には展覧会の会場構成を行う事務所を、次いで1956年にはインテリアデザイナーとともに事務所を設立しました。ふたつの組織はいずれも文化施設や私企業をクライアントに抱え、美術館や博物館での仕事を手がけることが多かったようです。

とりわけ、オランダ・アイントホーフェンにあるファン・アッベ美術館とのコラボレーションは彼にとって大きな転機となりました。
当時同美術館の館長であったEdy de Wilde(エディ・デ・ウィルデ)はクロウェルを高く評価し、デザイン面での裁量を与えた結果、クロウェルは自由にデザインをする環境を得ました。この時期に、後の活動やアートワークにおける礎を築くことになります。

1963年には、Benno Wissing(ベンノ・ヴィッシング、グラフィック&空間デザイン)、Friso Kramer(フリゾ・クラマー、インダストリアルデザイン)、Paul & Dick Schwarz(ポール・シュヴァルツおよびディック・シュヴァルツ、運営面や経理担当)とともに、デザイン事務所「Total Design(トータルデザイン)」を創設しました。まもなくBen Bos(ベン・ボス、コピーライター&デザイン)が加わりより層が厚くなり、やがて戦後のデザイン界における伝説的な存在として発展していきます。
余談ではありますが、スイスを拠点にするLars Müller Publishers(ラース・ミュラー・パブリッシャーズ)創設者のラース・ミュラーがアシスタントとして一時在籍していました。

主な事業内容としては、大企業を相手にコーポレート・アイデンティティ(CI)やサインシステムのデザインが挙げられます。アムステルダム・スキポール空港のサイン計画や、1970年の大阪万博でのオランダ館のプロデュースなど、社会的にも影響を及ぼすような大規模な仕事で数々の功績を残してきました。

また、ファン・アッベ美術館での経験を生かし、アムステルダム市立美術館のアートディレクションを手がけたことも見逃せません。
印刷に関して言えば、1960年代初頭はシルクスクリーン印刷からの新たな印刷技術への移行期で、オフセット印刷がまだ出始めの頃でした。クロウェルはこれらの印刷にオフセット印刷を積極的に取り入れ、よりソリッドでエッジの利いた表現を可能にしていったのです。
最先端のデザインメソッドや各種技術をふんだんに駆使してつくりあげた展覧会告知用のポスターやカタログのデザインは、半世紀以上の月日を経た現代のわたしたちから見ても先駆的で洗練された印象を受けます。

新たに生まれたものをいち早く取り入れるという姿勢こそ、クロウェルの特性をよくあらわしています。
彼自身は書体デザイナーという認識を持っていたわけではないようですが、グラフィックデザインの一環として書体をデザインすることもありました。
なかでも1967年に手がけたNew Alphabetは、その斬新な出で立ちとコンピュータ時代の到来を見越した発想とがあいまって、特筆すべきものです。コンピュータの液晶モニタ上に表示されたときの可読性を高めるために、直交グリッドとドットを用いた実験的なアルファベットを開発しました。残念ながらコンピュータシステム上での実用には至らなかったのですが、1988年にはロックバンドのアルバムカバーに起用されたりと、思わぬところで日の目を見ることもありました。

オランダで活躍する多くのグラフィックデザイナーたちの例にもれず、彼も後続する若手の育成にも積極的でした。オランダ国内の美術大学はもとより、ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートといった名門でも教鞭をとってきました。

本書では彼の手がけた展覧会の会場で撮影された展示風景やグラフィックワークのヴィジュアルはもちろん、彼と同僚や息子たちと写ったショットが織り交ぜらたりと、多種多様な図版が豊富に収録されています。読み応えのあるテキストもあいまって、彼の素晴らしい仕事ぶりを包括的に知ることができます。
クロウェル関連の書籍は軒並み絶版となって久しく、2015年に刊行された本書は新刊として入手できるほぼ唯一のタイトルです(2016年1月現在)。

 

Wim Crouwel modernist
Lecturis
464 pages
Hardcover
170 x 240 mm
English
ISBN: 978-94-6226-147-1
2015

SOLD OUT (入荷予定あり)