[Exhibition] Takashi Homma / Every Building on the Ginza Street

Added on by Yusuke Nakajima.

この度POSTでは、ホンマタカシによるエドワード・ルシェへのオマージュシリーズの写真集刊行に合わせた展覧会 「Every Building on the Ginza Street」を開催いたします。

[Every Building on the Ginza Street] 版下
2019年 紙にアーカイバルピグメントプリント貼付

【展覧会概要】
会場:POST
   150-0022 東京都渋谷区恵比寿南2-10-3
会期:2019年4月5日(金)- 2018年5月5日(日)
時間:12:00 - 20:00
定休日:毎週月曜日(ゴールデンウィーク期間中は4/29および5/6のみ定休とし、上記以外は通常営業いたします)
協力:SO BOOKS、TARO NASU

上 エドワード・ルシェ[Every Building on the Sunset Strip] 1966年
下 木村荘八著「銀座界隈」別冊「アルバム・銀座八丁」1954年

アメリカ出身のルシェが、1960年代から1970年代に写真を用いて制作したアーティストブックは、後世のアーティストや写真家たちに大きな影響を与え、オリジナル作品の形式やタイトルを再解釈やイミテート、パロディー化した多様なオマージュ作品が生まれました。その数は、延べ100冊以上にのぼります。

今回発表する『Every Building on the Ginza Street』は、ハリウッドの街路「サンセットストリップ」沿いのすべての建物を記録した蛇腹式の写真集『Every Building on the Sunset Strip』(1966年)へのオマージュです。本作 とともにたびたび言及される本のひとつとして、1954年に日本で刊行された『銀座界隈』の別冊『アルバム・銀座八丁』が挙げられます。京橋から新橋までを結ぶ中央通り、通称「銀座通り」沿いの両脇を鈴木芳一が撮影した一冊は、テーマやレイアウト、製本までルシェの作品と酷似しています。この本が欧米で知られると「ルシェはこの出版物を見たことがあったのだろうか、真似をしたのだろうか」※という疑問が生まれました。この問いに対して、ルシェ自身は回答を提示していません。

ホンマは、『アルバム・銀座八丁』の舞台となった「銀座通り」を撮影することで、アーティストブックの金字塔への「返歌」を試みました。本展では、ホンマが撮り下ろした『Every Building on the Ginza Street』の制作プロセス、 そしてできあがった写真集とともに、ルシェによる『Every Building on the Sunset Strip』と『アルバム・銀座八丁』も展示いたします。

※ Martin Parr、Gerry Budger『The Photobook: A History volume 3』(Phaidon、2014年) 152ページより引用。

ホンマタカシ [Every Building on the Ginza Street] 2019年

上 [Every Building on the Ginza Street] 通常版(白黒図版)
下 [Every Building on the Ginza Street] 豪華版(カラー図版)100部限定

【写真集概要】
タイトル:Every Building on the Ginza Street


通常版
ソフトカバー / 蛇腹製本
スリーブケース付き
白黒図版 54ページ
180mm x 140mm 500部
4,800円 + 税
ご予約はこちら

豪華版
ソフトカバー / 蛇腹製本
スリーブケース付き
カラー図版 54ページ
180mm x 140mm 100部限定
サイン・ナンバリング入り
8,800円 + 税
ご予約はこちら