Saul Leiter: Early Color

Added on by Yusuke Nakajima.

本書は、2008年にソール・ライターの美しいカラー写真が初めて世に出版され、大いに反響のあった[Early Color]の復刻版。

1953年、エドワード・スタイケンがMuseum of Modern Artでライターのカラー作品をいくつか見たにも関わらず、その後彼の作品が広く知られることはありませんでした。
ライターは1946年にニューヨークへと拠点を移し、画家となりましたが、そのうちリチャード・ダートと深く関わるに連れ、潜在的な写真の創造性に魅せられるようになります。彼はその後も絵を書き続け、フィリップ・ガストンやウィレム・デ・クーニングらと展覧会をするに至るのですが、カメラは日常を記録する最大の意義をもたらしました。
ヘレン・レヴィット以外の同時代の作家とは比べることが出来ない彼の独特な作品は、斜情的であり、雄弁で絶妙といえます。

STEIDL 2014年6月発行 ハードカバー 21.4 x 21 x 2.5cm 176ページ

 

Saul Leiter: Early Color

This is a reprint of the immensely successful Early Color (2008), which presented Leiter’s remarkable body of colour work to the public for the first time in book form. Although Edward Steichen had exhibited some of Leiter’s colour photography at the Museum of Modern Art in 1953, it remained virtually unknown to the world thereafter. Leiter moved to New York in 1946 to become a painter, yet through his friendship with Richard Pousette-Dart he quickly recognized the creative potential of photography. Leiter continued to paint, exhibiting with Philip Guston and Willem de Kooning, but the camera remained his ever-present means of recording life in the metropolis. None of Leiter’s contemporaries, with the partial exception of Helen Levitt, assembled a comparable body of work: subtle, often abstract compositions of lyrical, eloquent colour