2015.11.13 Lars Müller Interview

Added on by Yusuke Nakajima.

前回の更新から約半年ぶりと、本の制作進行が滞ってしまったのですが、POSTの本作りにまた着手し始めました。当初予定していた、2015年内の出版はできなくなってしまいましたが、この本の出版に向けてコンテンツ制作を進めています。

中でもこの本の重要な要素となるのが、各出版社へのインタビュー。メールベースでのインタビューを考えていますが、直接会える方には面会をお願いして、インタビューを制作しようと考えています。

その最初の機会として、Lars Müller(ラース・ミュラー)氏が日本に来日したタイミングでPOSTで公開インタビューを開催することになり、トークイベントが実現しました。

インタビュアーは、デザイン雑誌「アイデア」の編集も手がけていた古賀稔章さん。これまでにラース氏のデザインに対する考え方や、出版社についてのテキストはありましたが、彼がなぜデザインを志し、どのようにデザイナーの道へと進んで行ったのかという個人的な歴史については触れられてこなかったので、Lars氏ご本人に焦点を当てたインタビューとなっています。

普段は大学や学会など、大きな会場でフォーマルなレクチャーが多い彼ですが、今回は30名の聴講者を前に、カジュアルなスタイルでのレクチャーということもあり、冗談を交えながらの和やかなトークとなりました。

彼がデザイナーとして、出版社として歩んできた中で大切にしていたことは、自分の直感を信じて本当に心から良いと思えるプロジェクトに全力を注ぐ、というシンプルなこと。全てのクリエーションに通じる本質を話してくれました。

1時間30分の予定時間はあっという間に過ぎてしまい、出版についての彼の考えかたについて聞き足りない部分もあるので、後日改めてスカイプで追加インタビューをしたものを本に収録する予定です。(中島)